夜お茶と読書

 

こんにちは

びった。です

 

私がまだOLをしていた20代の頃『夜お茶』というブームがありました

ノー残業デーの水曜日や花金と呼ばれる金曜日のアフター5

おひとりさまだったり,仲の良い女友達と一緒だったり(当時彼氏はいなかった)

ちょっとお洒落で落ち着いた雰囲気のカフェや喫茶店に入り

美味しい珈琲や紅茶,はたまた珍しいハーブティーなどを注文

夜なので罪悪感薄めの甘さ控えめのケーキも一緒にいただいていました

お洒落OLを気取っていた感じで今思うと少々恥ずかしくもあるけれど

『夜お茶』の時間はとても落ち着く私の好きな時間でした

 

 

スポンサーリンク

 

 

あれから10年ほど経った今では『夜お茶』はあまり聞かない言葉となりましたね

お酒離れが進む昨今では,

『夜カフェ』と名前を変えて進化しているようです

 

さて話がずれましたが,

『夜カフェ』に行きたいとかいう話ではなく

家で『夜お茶』をしましたよ,というお話です

 

いつも息子の寝かしつけで一緒に寝てしまうのだけど

最近は息子がお布団に入って秒で寝るので

私が寝落ちしてしまうことが少なくなってきました

(私が秒で寝ることも存分にありますが)

夫も忙しくほぼ家にいないので

寝落ちしなかった夜は自由時間!

今までできなかった趣味を楽しむ時間です

 

何をしようかあれこれ考え,

やりたいことはたくさんあるけれど

今回は『読書』に決めました

 

 

スポンサーリンク

 

 

アロマディフューザーにラベンダーのオイルを数滴たらし

ノンカフェインのルイボスティーを淹れて

『夜お茶』のはじまりです

 

 

読んだ本は『かもめ食堂』

夜に読むには丁度よい,ほのぼのとした作品でした

若干の物足りなさは感じたけれど

感情を揺さぶられることもなく気持ちよく入眠できました

本当,夜寝る前に読むのにはおすすめ(笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かもめ食堂 (幻冬舎文庫) [ 群ようこ ]
価格:493円(税込、送料無料) (2019/8/23時点)

 

 

およそ2時間

私だけの『夜お茶』を楽しみました

 

扇風機のおかげでアロマの香りが私のところまで届かなかったのが残念

次回は風向きを考えなくては!

(写真が暗かったので加工したら明るくなりすぎましたね,改善の余地あり)

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました

それではまた

 

 

よかったら覗いてみてね

びった。のROOM

(少しずつ更新してます)

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする