北欧風ブルーベリータルト*夏の定番おやつ

 

夏が旬のブルーベリー

わが家の地域ではブルーベリーが特産品らしく(最近知りましたw)

9月になってもまだまだ暑いこの地域では,

旬が少し過ぎた今でも地元産のブルーベリーがスーパーに並んでいます

 

今日はそんな地元産の生のブルーベリーを使って

サッパリ爽やかな北欧風のブルベリータルトを焼きました♥

 

 

スポンサーリンク

 

 

まず始めに言っておきます

 

今回は・・・

 

失敗しました!(゚∀゚)!笑

 

カットしたら断面がぐちゃぐちゃになってしまいました(T_T)

お見苦しいですが・・・

そんなの気にしないよ!

という優しい方は続きをご覧ください(笑)

 

 

北欧風ブルーベリータルト

ぐちゃぐちゃ・・・

 

 

どこで見つけたレシピだったのか忘れたけど,手書きでノートに書いているレシピ

これを見ながら作っています(^^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<材料>22cmタルト型

  1. 冷凍パイシート 1枚(タルト型と同じ大きさくらい)
  2. ブルーベリー 200g~250g※
  3. 水切りヨーグルト(無糖) 200g※
  4. 砂糖 大さじ2
  5. 卵黄 1個
  6. バニラエッセンス 適量(無くても良い)

※ブルーベリーは生でも冷凍でも大丈夫だと思います(今回は生を使用)

※水切りヨーグルトは450g入りのヨーグルトを一晩水切りすると約200gになります

私はいつもブルガリアヨーグルトを使っています

 

<作り方>

★土台準備★

  1. 冷凍パイシートを解凍する
  2. オーブンを180°に予熱する
  3. 解凍したパイシートに打ち粉をして型より少し大きめに伸ばす
  4. 生地を型に敷き,淵を型よりも5mmほど高くする
  5. 生地の底面にフォークで穴をあける(やや多めに)
  6. 生地の上にクッキングシートをかけ,その上に重石を敷き,180°で15分焼く
  7. クッキングシートごと重石を取り,160°で12分焼く※

※生地が膨らむ場合は再度フォークで穴を開ける

 

★フィリング準備★

  1. <材料>の3~6を泡立て器ですべて混ぜる

 

★焼成★

  1. オーブンを200°に予熱する
  2. 土台にブルーベリーの2/3を均等に並べる
  3. フィリングと残りの1/3のブルーベリーを混ぜ合わせ,「1」の上から均等になるように広げる
  4. 200°で30分焼く※
  5. 焼き上がったら粗熱を取り,冷蔵庫で一晩冷やす

※オーブンによっては40分くらい焼くほうが良いかもしれません

わが家はガスオーブンで火力が強いので30分です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

▼焼く前

北欧風ブルーベリータルト

 

本来はのせないのだけど,冷凍庫に入っていたアメリカンチェリーをのせてしまいました

「冷凍庫整理だ!入れちゃえ~♪」と適当に入れたのが良くなかったのかも

 

 

▼焼き上がり直後

北欧風ブルーベリータルト

 

アメリカンチェリーから随分と水分が出たみたい

これがフィリングを水っぽくしてしまったのかも(T_T)

 

 

スポンサーリンク

 

 

さて,問題のカット後の写真がこちらです!

 

▼一晩冷やしてカット

北欧風ブルーベリータルト

 

アメリカンチェリーが潰れてぐちゃぐちゃ(^_^;)

フィリングも水分が多くて,包丁がスッと入っていかなかった・・・

いつもはこのレシピ通りに作ると美味しくできるんだけど,今回は味もいまいち

 

考えられる原因は・・・

  1. 冷凍庫に残っていたアメリカンチェリーをのせた
  2. いつもと違うヨーグルトだった※
  3. ヨーグルトが少なかった(400g入りを使った,いつもより50g足りない)
  4. いつもと冷凍パイシート

 

※いつもはブルガリアヨーグルトを使っているんだけど,今回は違うヨーグルトを使ってしまいました

まろやかな酸味の少ないヨーグルトだったせいか味がぼやけた感じになりました

ブルガリアのように酸味のあるヨーグルトのほうが美味しくできると思います

 

いつもどおりの材料で作れば良かったな~(T_T)

お菓子はレシピ通り!好みの材料で作るべき!

ということを実感したお菓子作りとなりました

 

またリベンジします!

レシピ通りだと本当に美味しいんですよ!

→しつこい(笑)

 

 

今日もご覧いただきありがとうございました

それではまた☆

 

 

▼少しずつ追加しています

びった。のROOM

 

 

スポンサーリンク
びった。

びった。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする